CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    夢と感動 ショー進化
    0

       夢と感動 ショー進化

       ◇木下大サーカス5万人突破

        ◇木下唯志社長に聞く

        奈良市の県営プール跡地特設会場で開催中の「奇跡のホワイトライオン世界猛獣ショー☆木下大サーカス」奈良公演(読売新聞社など主催)は、開幕14日目(定休日を除く)の9日までに来場者が5万人を突破した。1日平均3900人が訪れ、週末は4000〜7000人でにぎわう。30年ぶりに開催した奈良公演の手応えや今後の見所を木下唯志社長(65)に聞いた。(西川眸)

      • 開催中の奈良公演や世界サーカス連盟大使就任について語る木下社長(奈良市の特設会場で)=伊東広路撮影
      •   ――2週間で5万人達成。

          「開幕初日は好天に恵まれ、あふれるほどのお客さんに来ていただいたことが印象的でした。ショーの内容も30年前よりかなり進化している。それが評判につながっているのだと実感しています」

          ――奈良公演のショーのポイントは。

          「世界でも数が少なくて珍しいホワイトライオンのショーをやはり見てもらいたい。調教師も一流です。象やキリンなどの動物が登場するショーは数年で変わるので、今しかないものです。他の演目も少しずつ進化しています」

          ――サーカスの魅力とは。

          「(福岡公演中の)2月に発達障害がある4歳の息子さんを持つお母さんから手紙をいただいた。暗い場所や初めての場所が苦手で座っていることができない息子さんが、サーカスを見て拍手をしたり驚いたり。『楽しかった』と喜んでくれたという内容でした。子どもたちに夢や感動を与えられるよう、これからも進化させていきたい」

          ――1月に日本人で初めて、世界サーカス連盟大使に就任した。

          「サーカス文化や芸術の発展に貢献したと認めていただいた。世界の有名なサーカスのオーナーが名前を連ねており、誇りに思っています。世界一のアーティストを育て、サーカスの魅力を発信していきたい」

          ◇「白いライオン楽しみ」 記念行事

          9日は特設会場で、来場者が5万人を超えた記念のセレモニーが行われた。来場者を代表し、和歌山県紀の川市の保育園児、今木小菊ちゃん(5)がキリンの調教師、ロベルタ・ハートさんからぬいぐるみなどが入ったバスケットを受け取った。 

          サーカスは初めてという小菊ちゃんは「白いライオンを見るのが楽しみ」と笑顔。母の弥幸さん(40)は「娘を驚かせようと内緒で連れてきた。サーカスは子どものとき以来。以前とどう変わったのでしょう」と胸を躍らせた。

      | 地域 | 20:21 | comments(0) | - |
      << | 2/49PAGES | >>